AFV プラモデル

2010年12月 7日 (火)

4号C型 Phase 5 完成〜!!

いよいよ組み立て最終回ってか・・・前回でもう殆ど終わってたんですが・・・(笑)

Img_1219 しかし・・・よくよくあちこち見ると付け忘れが!!
1番ダメなのがこれ!!
転輪に付けるカバーパーツ!?を付け忘れてました!!
ここって組み立てで、1番最初だったような〜(笑)






Img_1220 反射板迄!追突されるって!!
更にエンジンデッキの上のカバー!?なんのカバーだっけ〜オイルかな〜!?が空いたまま〜!!その横の取っ手も付いてないし〜(笑)なんで忘れるんでしょ・・・あっ!ドラゴンの説明書が悪いんだ!!そうそう(爆)

そんで、やけにすっきりしてるな〜って思ったら・・・
マフラーが付いてない!!あっ!ここは僕のミスでしてドラゴンのせいでは無いです(笑)説明書ちゃんと見てなかっただけでした(爆)

 

 

 

Img_1222_4

ではマフラーの製作に・・・ここもパーツが多いです!!これらのパーツに更に、サブマフラーもありますが・・・すみません写真撮り忘れました(爆)

そんで〜完成〜!!

Img_1224_2 Img_1225 Img_1226

え〜〜〜ってなスピードですがなんとか完成しました・・・相当手を抜きましたが(爆)

Img_1228

まぁ〜なんとか今週中に塗装して完成に持っていければと・・・色は大好きなジャーマングレー!!真っ黒けにしようかな〜(笑)あっ!履帯は注文が間に合わなければ家に在るやつからひっぺがして装着します・・・うわっ(爆)!!

| | コメント (4)

2010年12月 6日 (月)

4号C型 Phase 4

さ〜文句ばっかり言っていてもしょうが在りません(笑)
スミコンの日時が刻一刻と迫ってますから・・・
Img_1090 Img_1091 Img_1092
ご覧のように・・・装備品を取り付けます〜はい!エッチングパーツはもうしょうが無く使わなければ成らない所しか使っていません・・・なんせこのキットに付属するエッチングパーツは使いにくいったらありゃしない!!アベール社等、別売のエッチングパーツを使った後ではとても使う気に成りません・・・(爆)

Img_1093Img_1102_2

ささっ!次はキューポラ!!このパーツ数ですわ!!

って言ってもこれ全部使う訳ではありませんが(笑)キューポラの視察口の開閉でパーツが違うのでこの数に!!ですから使うのは半分です・・・って完成しちゃいました〜まぁ〜説明書を見てもらえば分かると思いますが・・・細かい〜(笑)でも出来上がると満足するんですがね〜


Img_1104Img_1103_2Img_1178

さぁ〜佳境にさしかかりました〜!!
この辺りの組み立ても全くもって問題無いです砲身はアルミパーツが在るのですがライフリングが無いので今回はプラパーツにしました!!プラでもゼンゼン問題無いです!!いや〜しかし短砲身カッコいいね〜大戦後半では全くといい程役に立たなかった75㎜!?ですが僕にとってはサイコ〜にカッコイイです!あッ!後、作った方なら分かると思いますが・・・見えない所は作ってません〜(爆)

Img_1168 砲塔に取り掛かります・・・
ここも細かいパーツやら満載!!
全てクローズで組み立てま〜す



Img_1106_2 Img_1169 Img_1170
さ〜砲塔は完成しました!後は接着するだけです・・・
まだ、使うかどうか決めかねてますがジェリ缶を組み立て〜真ん中にエッチングを使いリブを再現してますこれはイイ〜・・・牽引フックパーツもこんな感じ!!
さ〜このキットでキィ〜てなる部分のここ!!
Img_1171_2

この真ん中のやつですわ〜
組み立てればキッチリ成ればいいのですが・・・これがならない・・・更に何度も曲げたりしてると当然折れてしまう(泣)瞬着じゃなくハンダ使ってきっちりやればそれ程大変じゃないと思いますが・・・そもそも車体にきっちり着かないから(笑)でも・・・作りたい〜


Img_1172 Img_1173 Img_1174
ふ〜まず、ベースからホーザン製のピンセットを使い先を曲げます・・・
エッチングパーツとプラパーツとを組み合わせてセット・・・ん〜・・・やり直し!!・・・ん〜〜・・・キィ〜〜〜!!何回成ったか!!まま取りあえず形に成りましたので、もう触らない・・・
Img_1175_2 ま〜これまた形に成るといい具合なんだよな〜
そりゃプラパーツとは違うのは分かるんですが・・・今の技術ならプラパーツで出来るでしょ!!
スマートキットはどうなってるんでしょ!?
でも何度も作ってると慣れてくるんだよな〜(笑)

最後に先程作った牽引パーツにエッチングのこれ!!
Img_1177

ふ〜なんとか着いてるよね!後で、多少は直せると思いますが極力触りたくないんだよな〜(笑)
次回は組み立て編最終回〜

| | コメント (4)

4号C型 Phase 3

更に戦車ぽく成ってきましたよ〜
Img_0943 この上部パーツは板状のパーツを箱組に組み立てて行くんですが・・・ほぼ問題無く組み上がります!!
接着剤が乾ききらないうちに少し左右のバランスを見たほうがいいかもです!!後は、手前にチラっと見えてます天板を取り付けるだけです・・・しかしここで少し問題が・・・微妙に前部側に隙間が出来まして・・・極細プラ板で埋めておきました・・・色を塗ったら分からないレベルです、これは最初の起動輪部の前部パーツを取り付ける時に気お付けた方が良いかもです
さ〜サクッ!っと行けないのがもどかしい・・・(笑)
Img_0948_2 フェンダー!!でも何故4つも在るかと言うと・・・穴が空いている方は、プラパーツ使用空いて無い方はエッチングパーツを使う用なのです・・・
しかしここは問答無用でプラパーツの方で(笑)
それでも色々やらなくては成らない事が!!

まずは、ボルトのカット!!
Img_0950_2 Img_0951  
最初はアートナイフを使ったんですが・・・ご覧のように微妙な感じに・・・で、ココでも登場タミヤの薄刃ニッパーこれでやってたら・・・速いし綺麗だし穴も空く事無く綺麗に取れました・・・まぁ〜ホントはナイフの方が色々いいんですが・・・
もうメンドクサクて写真に撮るのを忘れてしまったのですが・・・このフェンダーに空いている穴を全部では無いですが塞がなくては成りません・・・ゲェ〜!!
プラ棒だと勿体ないので・・・このキットのランナーを長めに切り出し火で炙り伸ばしランナーを作り、指定された所を塞いで行きます!!やれやれ(笑)
そんなこんなでここまで!!あっ!その前にこれ!!
Img_0936 Img_0938_2
いや〜ここはエッチングパーツしか無いのでしょうがありません・・・分厚くてもいいからプラパーツを入れてくれない・・・このパターンでまだ大変な事が・・・
そして!!
Img_0952_2 おお〜フェンダーが付くと増々戦車に見えて来ました!!先程作ったジャッキ台も接着しまして、
この後いよいよ装備品類の装着に・・・はぁ〜まだまだ苦行がつづくよ〜どこまでも〜!!(笑)

この気が遠くなる行程が・・・(爆)

Img_0953 Img_0954

それにしても・・・右写真の真ん中のキャタピラ交換工具・・・エッチングしかないんだよな〜(泣)

| | コメント (0)

2010年12月 4日 (土)

4号C型 Phase 2

・・・なんと・・・一度は後日UPするつもりで書いた記事を間違えてUPしてしまい再度UP時間を設定しておいたはずが・・・何故か消えている・・・きっと再度保存するの忘れたんだな・・(泣)

気を取り直して(笑)続きを思い出しながら書きます(爆)
お次ぎは説明書でいくとリアパネルですね〜
Img_0922 Img_0923
誘導輪部分ですが見て下さいこのパーツ数・・・一体でも問題無いと思うんですが・・・これも整備中ディオラマとかにしか使えないような・・・
完成した写真みてもそれ程分かりません・・・よね〜(笑)
そしていよいよシャーシ部分!!
Img_0924_2 Img_0927
バスタブ形状に成っているのですが・・・歪みがでてまして・・・適当にランナーを切り出して歪みを修正します、そして起動輪部分のパーツを付けるのですが・・・何度も擦り合わせをしたのですが・・・何故か隙間が・・・まぁ〜でもこの部分見えなくなるので・・・問題無いですがネ!
お次ぎは起動輪のカバー部分
Img_0925_2 Img_0927_2
この起動輪パーツも見えなく成るのに・・・パーツが!これは整備中と言うより撃破された時のディオラマ等にも使えますね〜で、先程のバスタブ部分のここにこの起動輪部分が付くので確実に見えなくなります(笑)
そしてその防護カバー!?ですか・・・
Img_0928_2 ま〜ここもオイオイってなパーツ分割というか・・・何と言うか・・・このカバーパーツに尖頭ボルト!?を着けるんですが・・・流石にこれをバラしてもあまり意味が無いような・・・接着するのも大変です・・・着ける所も微妙に分かりずらいし・・・下手に接着剤を着け過ぎる余計エッジがダルくなるし・・・(笑)
ま〜なんとかかんとかココ迄きましたがまだまだですよ〜(笑)
サスペンションパーツ!!
Img_0931 Img_0930 Img_0932
ここも結構パーツ在りますでしょ!また更にここは接着面が少ないから大変〜今迄作った4号も危うくサスペンションが動かなく成る所でしたが〜・・・案の定今回も微妙にヤバかったです・・・流し込みはOUTですよ(笑)兎にも角にも8個出来ました〜
お次ぎは・・・先程のシャーシ部分
Img_0933 Img_0934
ま〜ここもご覧のようなパーツを着けていくのですが・・・微妙にキツくて・・・ハマらない・・・ここは流し込み接着剤を使い無理矢理押し込む(爆)
いいんですよ!どうせみえませんから(笑)あっ写真を撮り忘れましたが・・・このパーツの間にもカバーパーツが付くんですが・・・これはピッタリでした〜確か今のスマートキットはこの部分は分割してないと思いますが・・・
まま!なんにしてもサスペンションパーツを着けると・・・
Img_0935_2 おお〜戦車ぽく成って来ましたね〜あの細かい作業をした甲斐が在るってもんです!!このパーツは可動しますからフリウルなんかの可動履帯を使うと後からディオラマ等にも使えますね・・・でもディスプレイモデルでフィニッシュするなら全く必要無いですな〜(笑)

さ〜行程もだいたい半分位迄きました・・・しかし更に理不尽は続く〜(笑)

| | コメント (4)

2010年12月 3日 (金)

4号C型 Phase 1

もうかれこれ半年位になりますか・・・
住友たかひろ氏の所で、スミコンが行われてまして、
そこに「出品しようよ」とカレー屋さんの悪魔のささやきにまんまと乗ってしまい(笑)じゃぁ〜何を出そうかと考えたのがこれ!
Img_0463_2 4号C型!!いや〜短砲身大好きとしてはこの初期の頃のC型いいですね〜出戻ってからは短砲身は突撃砲を筆頭に1番作ってる戦車です!!トライスターのもC&DからドラゴンのE型と回りのみんなには4号って言ったらG型でしょ〜普通!!なんて弄られますが(笑)誰が何と言っても短砲身です!!プラモ棚にはこの4号短砲身
が我がパンターF軍団なんか目じゃ無い位有りまして・・・ドラゴンに騙された白箱のフォーパンツァー2つにD型のフォーパンツァー1ノーマルのD型・・・あっ!トライスターのもまだ在ったか・・・とにかくこれだけ全部は作れんゾ(笑)

では!気を取り直して箱を開けてランナーパーツをば・・・ぬおおっ!・・・そっ!そうだった・・・このキット・・・スマートキットじゃ無かったんだ・・・
ハイ!とんでも無い事に成ってます・・・だって〜これだも〜ん
Img_0894 Img_0895 Img_0898
なんと!起動輪のリム部とホイール部を接続するボルトを付けるんです!!もうこれ1/35だとおいおいです!!見えますでしょうか真ん中の写真ですが・・・あ〜接着剤付けるのも一苦労・・・なんですが・・・凄い事にこのキット一体整形されたパーツも入っているんです・・・しっかしあのパーツ整備中とかのディオラマ作る時くらいしかつかわないよな〜(笑)ラクチンパーツを使って!それでも7パーツ・・・起動輪だけで・・・(笑)まぁ〜精度は問題無いですから良いんですがネ!!
Img_0899
お次ぎは誘導輪!!ここにはエッチングパーツを付けますここも問題無いです
Img_0900
さ〜真打ち!!これですよ〜4号戦車名物転輪パーツ!!
Img_0901 Img_0902 Img_0905
取りあえず全部切り出しまして・・・またこれが微妙な所がアンダーゲートに成ってるもんだから(笑)切りにくいx2(爆)でそれを片側だけで4軸在って、それぞれに転輪が2つづつで8輪!!それがダブルに成ってますから・・・毎回はぁ〜な部分です・・・
そんで更に泣けるのが・・・
Img_0906 Img_0907 Img_0908
ゴム部分!!・・・ご丁寧に微妙にメーカーの名前が書かれたこの部分も16個!!ま〜た面倒な所にゲートが・・・ここタミヤの薄刃ニッパーが入らないからアートナイフでシコシコやって行くしか無い(爆)それらを1つ1つ取り付けて行き流し込み接着剤を着けて行きます・・・キィ〜!!
・・・しかしこんなのまだ序の口なのであった!!

| | コメント (9)

2010年4月23日 (金)

パンターF Phase 5

は〜ぁ・・・ナントカモケ華には間に合ったんですが・・・
まぁ〜色々ありましたよ〜まずこれ
Img_0001_3 Img_0002_3 Img_0003_2 説明書のサイドの塗り分け見ながら塗ったら・・・何故か正面からの図と色が違う〜どんだけ見ても違う・・・しかしデルタの筆塗りなので削ればいいや〜っとしかしクリアー塗り忘れたおかげで結構大変な目に・・・
ま〜なんとか成りました。

Img_0001_4 Img_0002_4 ・・・して結構重ね塗りしましてかなり筆目が・・・
かなり薄くして5〜6回以上塗らないとダメかな〜
塗装嫌いだからめんどくさいx2
なんせエアーブラシで塗るときも直ぐ塗りつぶせるように基本1:2ですから(笑)

Img_0013_2 Img_0011_3 Img_0012_2 転輪の塗り分け〜
てけと〜に塗ってあったもんだから裏側が・・・ここを表面も含めてデルタで塗り直し〜
なかなかモチベーションが続かずだらだらに成ってしまった・・・
次回ラストです・・・

| | コメント (0)

2010年4月17日 (土)

やべ〜

明日・・・いや今日モケ華なんだけど・・・ん〜・・・Fが・・・パンターFが・・・

| | コメント (0)

2010年4月 1日 (木)

パンターF Phase 4

いよいよ後半月あまりしかありません・・・モケ華!!
グダグダやってても当然ですが先に進みません(笑)
しかし何を思ったかこんな事を思いつきまして・・・
Img_0001Img_0003_2 ホントはプラパン等の方が良いんでしょうがメモ用紙にしてたカレンダーの裏です(笑)

これをこのように・・・洗って段ボールに並べましてやりましたが
Img_0001_2 Img_0003_3 Img_0004 ・・・丸の方でやったらあんまりうまくいかなかったので・・・抜かれた側のメス側でマスキングして塗ってみたらま〜なんとか(笑)
すると・・・
Img_0005 まぁ実はどちらでやってもあんまりうまくいかなかったんですがまぁ〜x2使えそうかなと・・・もう少しキッチリ作ればですが、
最終的にはデルタで塗りますからてけと〜でいいんです(笑)

Img_0007 こんな感じです、この時転輪を接着してしまって・・・お〜じょこきました(爆)

さ〜いよいよ迷彩です今回はハッキリ迷彩をやると宣言してしまいましたのでやるしかないです・・・オマケに筆塗りで!!ハッキリ言って実は嫌なんですが(爆)
まずは、当りを付けますデルタでの筆塗りなのでミスっても削るだけですからサクサク〜っといきます
Img_0001_3 Img_0004_2 Img_0006 こんな感じ・・・
2~3回位塗らないといけないかな・・・

反対側も・・・
Img_0002 Img_0007_2 まぁ〜こんなもんかな〜
実はこの後前言撤回エアーブラシでやちゃおうかとも思ったんですがエアーブラシでハッキリ迷彩ができる自信が無いので再度筆塗りでやると固く決意しました(笑)
この後グリーン部分を透けが無くなる迄塗って次回はブラウン部分です

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

パンターF Phase 3

いよいよF型のメイン砲塔です!!
シュマルツマルム!?だったけ!?ステレオファインダーがカッチョイイ!!
で、何時もの工作
Img_0003 Img_0004 Img_0005 キットの基部ではやはりアルミ砲身に交換するとぺたんと下がってしまいます!まぁ〜接着してしまえば良いんですが極力可動が良い私としてはMGガンダムのABSランナーを取ってありまして・・・長砲身の戦車を作る時はまずやってます!これが絶妙な摩擦係数で、素晴らしく保持してくれます!・・・あっウォッシングは気お付けてくださいネ
Img_0007 現物合わせなので今回も使ったプラパイプがでか過ぎて案の定あちこちが辺りましたが可動に支障が有る時はつど削ったりします!
簡単なのでおすすめです!

Img_0001 チョイと乗せてみましたん〜〜〜カッチョイイ!!


して一旦砲塔を外しましていよいよ天板とシャーシ部分の接着をば!!
Img_0003_2 Img_0004_2 とここで愕然としました・・・合わないんですリアのパーツと天板とシャーシが!ハイ!全部が合いません・・・一番酷いのは天板です!サイドの傾斜装甲が外に開いてる〜タハァ・・・おまけに先に付けたファンの部分も当たってるみたい・・・チョイと考えてあんまり使いたく無い瞬着をば!!経年劣化で接着部分が外れるってどこかで聞いたので今迄極力使わなかったんですがこうなったらしょうがないですポイントx2に使用しその間はタミヤのノーマル接着剤とクレオスの必殺流し込み!!これでなんとか大丈夫でしょまぁ〜後は野となれ山となれ!てなもんです(笑)まだ3両もありますから次は気お付けよ〜っと(爆)

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

パンターF Phase 2

やっとx2の2回目!!(笑)
バスタブにトーションバーサスの組み込み・・・メンドクサイx2(笑)
ついでにファンやらリアパネルやら取り付けキンタだともっと簡単だったけど・・・
Img_0001_4 Img_0002_2 付けるパーツが少ないから・・・
しかし今は気づかないとんでもないことが!!
エッチングパーツは簡単な所だけで・・・

ここから更に選択が試作型と先行量産型にページが別れます・・・塗装例からだと先行量産型のタイプですからそちらのページに
で車体天面
Img_0003 リアのエンジンデッキのメッシュも説明書には選択まるけで、何がなんだか!?まぁ見た目カッチョよさそうな方にしときました、
それでも解らない所は勝手に解釈して取り付けもうへろへろです!

ココからがパンターの真骨頂!?
Img_0001_5 このリアサイドのパーツ流石にプラだと分厚いかと思いエッチングに・・・まぁ〜貼付けるだけですから簡単です!

Img_0002_3 フロントサイドのこのベースのパーツもプラでは厚いかと思ったんですが
・・・エッチングのパーツがめんどくさ過ぎて・・・あきらめました、まぁ〜いっか〜(笑)隣のジャッキ台は簡単なのでエッチングを使います
フゥ〜やっとここまで来たよ二週間もかかっちゃったよ〜!

| | コメント (0)